「努力が足りない…」と自分をせめていませんか?

  • どんなに頑張っても、努力しても成果につながらない
  • 自信がない
  • 他人と自分を比べることをやめられない
  • 家族に応援され、ていない
  • 本当は何がしたいのかわからない

 

それ、劣等感をバネにしているいからかも

こんにちは。
人生再構築マスターの林瑞恵です。

私は劣等感を手放して人生を再構築してきた経験を活かし、過去の私と同じように悩んでいる方をサポートするお仕事をしてます。

「劣等感って、手放せるの?」
「人生を再構築できるっとて本当?」

と思われたかもしれませんね。

私はかれこれ38年間、劣等感に苦しみ、劣等感をバネにして生きてきました。
何十年にもわたる自分探しに費やした自己投資額は500万円以上。

この経験を通してわかったことが一つあります。

何をしても、どんなに頑張っても、努力しても望むものが手に入らないのは劣等感に絡んでいる思考のせいだということに。

今回私がお伝えすることは、単なるきれいごとではありません。
本当の自分を取り戻し、自信を持って本当にやりたいことでいきていくために絶対に必要な本質の部分です。

このページをお読みいただくだけでも何をしていけばいいのか学べると思いますので最後まで読んでみてくださいね。

 

劣等感をバネにすることの弊害

劣等感とはなんなのかというと、「自分が人よりも劣っている」という感情のことです。
その感情は誰しもが持っていて、当然にあるものなのです。

問題なのは、劣等感ではなく、劣等感に絡んでいる思考。

「他人と比べて劣っている」から「私にはできない。」「どうせ無理。」と必要以上に自分を責め裁いたり、落ち込んでしまう考え方のことです。

このような、「考え方、とらえ方の傾向」を「思考のクセ」といいます。

思考のクセは過去の経験や親からの教え、学校の教育、社会常識などがもとになっています。

他人と比べらる経験をたくさんしていたり、うまくいかなかったことや、人から言われた言葉が思考のクセとなって、人生の選択、決断、行動に影響しているんです。

そして、劣等感をバネにするというのはどういうことかと言いますと、

他人と自分を比べる

一旦、落ち込む、自分を責め裁く

自分を認めさせたい、見返したいという気持ちをエネルギーにする

行動する

こんな感じです。

簡単に言うと、自分が不快な感情を味わうことで得られるエネルギー使って行動するやり方です。

エネルギーがなくなってくると、また自分に不快な感情を味合わせてくれる人を探してエネルギーを得るという循環になります。

この方法だと、より強いエネルギーを求めて強い劣等感を味合わせてくれる人を無意識に探し続けることを延々と繰り返してしまいます。

だから、どんなに自分が成長していても、「まだまだ…」という気持ちになってしまうのです。

さらに問題なのは、判断や価値の基準が「自分」ではなく「他人」にあるということ。
これは本当に問題です。

基準を他人する方法はどれだけ頑張っても、努力しても、自信が持てない、望んだものが手に入らないという悩みにつながってしまうのです。
きっと、世界一であり続けないと悩みが解消されることはないでしょう。

どんなに頑張ってもなりたい自分になれない、満たされないという悩みの根源はこういった思考のクセにあるのです。

あなたが劣っているからでも、努力が足りないからでもありません。

過去の記録がもとになった思考のクセが悪循環して望まない現実をつくり続けているだけ。
たったそれだけのシンプルなことなのです。

そして残念ながら、こういった思考のクセを持っている限り、本当に望んでいるものは手に入らないと言っても言い過ぎではないでしょう。

ちょっとよくわからない…
という方のために、思考と現実がどう関係しているのかお話しします。

 

思考のクセと現実の関係

人間は、今まで体験したことをすべて記録するようにできています。
それは生きてきた年数分。

もし40歳なら40年分の感動、喜び、悲しみ、怒り、戸惑いなどいろんな感情が記録されているのです。

その中でも(特に幼少期)の「つらかったこと」「悲しかったこと」「怖かったこと」が思考のクセになっています。
幼少期の苦い思い出が大人になった今邪魔をしているわけです。

しかも厄介なことに、過去の記憶はもう忘れたつもりでもどこかに残っていて、そこから生まれた思考のクセが無意識に行動を制限したり、望む結果に繋がらないようにしていること。

「どんなに頑張ってもなりたい自分になれない」という事態を引き起こす原因になっているのです。
そしてこのからくりに自分一人では気が付くことができないから、たくさんの頑張り屋で努力家の人たちを苦しめているのです。
その才能と経験が生かされる邪魔をしているんです。

まずは、
「私も何らかの思考のクセをもっているかもしれない」と探ることから始めてみましょう。

 

現状打破=思考を書きかえる

心に強く根付いている「過去の記録」を信じ、そこから生まれた思考のクセを持ち続けている限り、現状は変わり得ません。
今までの行動パターンをいつまでも続けることになります。

現状を打破する方法は一つだけ。

それは、思考のクセを見つけ出し、そのもとになった過去の記録を書き換えることです。

「そんなことできるの?」と思われるかもしれませんが、書き換えることは可能です。

例えば、下の例のような「過去の記録」を持っているとしましょう。

過去の記録      あらわれる現象
私は劣っている → どうせ結果をだせないと思いながら努力している

過去の記録を書きかえると

過去の記録      あらわれる現象
私は劣っている → 私だけの長所を活かして望みを叶えられる

過去の記憶を消すのではなく、過去の記憶のとらえ方をかえて価値観を見出すことが大切なのです。

オーソドックスな例をあげましたが、人によって過去の経験は十人十色ですので、「この場合はこうすればよい!」という法則はありません。
また、無意識だから気付くことすらできない場合が多いのでテンプレート化することができません。

 

 

望む未来を手に入れるたった一つの方法

私も長年思考のクセに苦しんできました。
どんなに努力しても望んだものが手に入らない、なりたい自分になれない、なぜ?って。

本を読んだり、セミナーに行ったり、資格を取ったり、高額コンサルに入ったり。

経済的豊かさが自信につながるという誰かの言葉を盲信してレディースアパレルのネットショップをしてみたこともあります。
時間、労力、お金をすべて注ぎ込み、睡眠時間、家族の時間を削ってネットショップの作業にあけくれるも売れない商品。
支払いに怯える日々。
いつもピリピリ、イライラする私を見て難色を示す家族。

こんなに頑張っている私を応援してくれない家族は敵だ!
そう思ったことも。

コソコソ隠れてネットショップをするようになり、いつしか「どうすれば家族に隠れてコソコソ自分のしたいことができるか」が目標に…。

行動すればするほど、どんどん劣等感が強くなって、みじめになっていく。家族に疎まれる。

私が欲しかったのはこんな人生じゃない。もう何もかもやめてしまいたい…。
ここまでのどん底までいったからこそ私はとても大事なことに気付くことができました。

物事には順番がある。
ノウハウ、やり方を学ぶより先に自分自身としっかりと向き合うこと。
それしないと遠回りになってしまうことに。

やり方の問題でも、努力の量でもない。
心、思考の問題。

幸い私は脳科学と潜在意識を活用して思考にアプローチする方法でつらい、苦しい状況からたった6カ月で事態を好転させることができました。

具体的には

✓ 自分を信じることができるようになった

✓ 他人と自分を比べなくなった(劣等感からの解放)

✓ 情報を取捨選択できるようになった

✓ 本当にやりたいことで起業できた

✓ 家族に応援されるようになった

「劣等感をバネにする」エネルギーではなく、自分の中にある夢や希望といった明るく楽しい想いから湧き出るエネルギーで行動する体質をつくっただけ。

ただそれだけ。
コツを得てトレーニングすれば誰でもできるようになります。

このページを読んでくださっている皆さんには、私のように遠回りをしていただきたくないのです。

なぜなら、時代の流れがはやくなっているから。
その流れに乗るには悩んでいる時間はそんなにないのです。

 

複業がスタンダード
1億総個人事業主時代

令和は価値観の多様化が進んでいく時代だと言われています。

「たった一つの正解がある」という絶対的な価値感が大きく崩れていると感じることも多くなってきました。たとえば、

・一つの会社で定年まで勤めあげるのが望ましい → 我慢や犠牲を払って窮屈に生きるくらいなら転職

・マイホームを手に入れてそこで暮らし続けるのがステータス → ライフスタイルに合わせて住みたい場所でくらすので人生の満足度があがる

・結婚と血縁が何よりも優先、強いつながりであるべき → 「遠くの親戚より、近くの他人」。結婚、血縁にこだわらないパートナーシップやコミュニティだって素晴らしい。

・経済的成功が人生を豊かにする → お金だけが人生を豊かにする要素ではない。

などです。

インターネットの普及が価値観の多様化を進めたことは言うまでもありません。

いい学校を出て、いい会社に入って、定年まで勤めあげて、年金で悠々自適な生活が勝ち組なんて言われていたこともありましたが、いまやまぼろし。

いい学校を出ても就職が難しい。
いい会社に入ってもリストラにあることもある。
定年まで勤めあげても再就職して働かないとやっていけない。
年金だけでは生活が苦しい。
大企業でも倒産する。

昭和、平成までは組織が優先され、個人が本当にやりたいことでいきていくことは難しい時代でしたが、令和は「個」にスポットが当たる時代。

誰かが決めたレールからおりて、自分で引いたレールを歩くことが可能であり、そこに価値が見いだされるようになってきています。

人生100年、企業の複業の解禁、定年70歳、年金支給開始年齢の引き上げなどによって複業がスタンダードの1億総個人事業主時代になっていく未来はそう遠くはありません。

それなら思考を上手に使って

「他人と自分を比べることをやめて、自分に自信を持って幸せに生きていく。」

そういう未来を現実化させたいと思いませんか。
老若男女問わず、令和を生きるすべての人がこの流れにのるかのらないかを迫られていると言えるでしょう。

 

頑張りと努力が自信に変わる!
無料個別相談+思考のクセを見つける
体験セッションのご案内

自分に向き合い、思考を書き換えることの重要性が伝わりましたでしょうか。
こういったお仕事をさせていただいていると、本当に多くの人がご自身を過小評価されていると感じます。

これからの未来に必要なのは自分を信じる心です。

行動に大きく影響する思考についてしっかりと向き合うことを避けて通ることはできません。

しかし、先ほど申し上げたように、自分ひとりで思考のクセを書き換えることは残念ながら非常に困難です。

なせなら、「無意識に起こってしまうもの」だからです。

気付けないものは解決のしようがありません。
そのせいでこれまでの頑張りや努力が活かせないのはとてももったいないことです。
それは社会的ロスです。

思考や心の問題は占いやおまじないといった曖昧なものだと考えがちですが、実は非常にロジカルなものです。
この問題さえ解決できれば現状が、未来が変わっていくことを知ってもらいたい。

このような私の切なる願いがあります。

しかし、先ほど申し上げたように、過去の経験は千差万別で教科書通りにいかず、無意識のことでもあるので、あなた1人で解決するのは難しいのが実際のところです。

そこで、今回メールマガジンにご登録いただいた方に特別に、
限定で「頑張りと努力が自信に変わる!無料個別相談+思考のクセを見つける体験セッション」を
受け付けることにしました。

私の一言一言はその人の人生に深く関わっていくことなので、無料といえどフルパワーで最高最善のパフォーマンスを発揮することをお約束いたします。

応募が多い場合、途中で締め切らざるを得なくなる可能性がありますので、劣等感をポイして人生を再構築されたい方はすぐにお申し込みくださいね。

 

お客様の声

〇〇さん

 

無料個別相談+体験セッションの流れ

1.お申込みフォームにて申込を完了させる

2.当日の個別相談+体験セッションをスムーズに進めるための質問表をお送りしますので、セッションの2日前までにご提出下しさい。

3.ご指定の日時になりましたらzoomにご入室ください。(60分~90分)

 

 

 

Q & A

Q1.「無料個別相談会+思考のクセを見つける体験セッション」は有料でしょうか?
A1.完全無料です。

Q2.「無料個別相談会+思考のクセを見つける体験セッション」はどのような形式で行うのでしょうか?
A2. 基本的にはzoomを使用して行います。ビデオをオンにしてセッションをお受けください。

Q3.過去を深掘りされるのが怖いです。
A3. 話すことに抵抗があるような嫌なことは無理に話す必要はありません。 話さなくても解決する方法があるのでご安心ください。

Q4.セッションはカウンセリングのようなものですか?
カウンセリング、コーチング、ヒーリングの要素を組み合わせてクライアント様の状況に合わせて進めさせていただきます。

Q5.1回のセッションで思考のクセをみつけることができるのですか?
A5.はい。必ず一つ思考のクセを見つけます。

Q6.このセッションを受けさせたい人がいます。その人の名前を書いて申し込みをしててもいいですか?
A6.セッションはご本人の意志でお受けいただくことが前提です。 ご本人様からのお申込みをお待ちしております。

Q7.所要時間はどのくらいですか?
A7.60分~90分です。

Q8.何回でも受けられるのですか?
A8.お一人様1回に限らせていただいております。

 

追 伸

最後に、もう一つだけ、私の想いをお話しさせて下さい。

私たちがこれから作る未来は、私たちの子、孫の未来にも影響するものです。
私たちが知らず知らずのうちに親から受け取ってきたものが多くあるように、親となった私たちが知らず知らずのちに子や孫に伝え、渡していくものが必ずあります。

あなたは何を伝えたいですか?

一つの正解しか認めない価値観と誰かが引いたレールを走る人生ですか?

それとも

ありのままの自分を認め、違いを受け入れてに尊重し合い、協力し合って多様性を受け入れていく新しい価値観で生きていく幸せで楽しい人生ですか?

この機会に、私の個別相談と体験セッションを受けて本当になりたい自分になって輝かしい未来を創っていくきっかけを掴むのか
今回の個別相談と体験セッションを見送り、どんなに頑張ってもなりたい自分になれないまま毎日くすぶり続ける未来をか選ぶのはあなたです。

もし、このご縁にピンと来たのであれば、ぜひ勇気をもって飛び込んでください。

あなたの人生を再構築するきっかけになることができればとても幸せです。